パナソニックの衣類スチーマー NI-FS540の口コミや効果は?

お気に入りのおしゃれな服でも、シワがあればおしゃれ度は半減以下になってしまう。

で、服についたシワを取るには、アイロンを使うのが一般的だ。

でも、その都度、アイロン台を出して、アイロン掛けをするのも面倒くさいし、アイロン掛けする時間的余裕もない。

そこで、おすすめなのが、パナソニック衣類スチーマ― NI-FS540だ。

この記事では、パナソニック衣類スチーマーであるNI-FS540の効果と口コミを、別品番のNI-FS340と比較しながら調べてみた。

 

→【NI-FS540】の最安値を楽天で見てみる!

→【NI-FS340】の最安値を楽天で見てみる!

 

衣類スチーマーは2種類あるけど

まず、パナソニックの衣類スチーマ―はアイロン台が不要。

そして、普通のアイロンより立ち上がり時間も早いし。

なので、ハンガーにかけたまま、サクッとシワを取るとこができる。

昔ながらの普通のアイロンなら、コンセントには挿して、アイロン台を出して、熱くなるのを待って・・・

 

やっぱり、面倒だ。

 

衣類スチーマ―なら、そんな手間をかけず、衣類をハンガーにかけたままサクッと短時間でシワを取ることができる。

 

衣類をハンガーにかけたまま、サクッと、短時間で、お手軽に、シワを取ることができる、

それが重要なのだ。

そんな衣類スチーマ―は、パナソニック以外のメーカーでも出しているけど、やはりパナソニックの衣類スチーマ―が魅力的だ。

 

でも、パナソニックの衣類スチーマ―NI-FS540NI-FS3402種類ある。

用途が違うのか?

グレードが違うのか?

大きさが違うのか?

また、口コミなどを調べることで、長所や短所もわかるはず。

 

サクッと調べてみると、NI-FS540の方が高機能で、NI-FS340が廉価版かなといった感じだ。

 

でも、大きさも価格もそんなに大きく変わらない。

自分の使い方次第では、高機能なNI-FS540より、廉価版(?)のNI-FS340を選べばいいのかも知れない。

 

→【NI-FS540】の最安値を楽天で見てみる!

→【NI-FS340】の最安値を楽天で見てみる!

 

衣類スチーマーのスペック・機能などの比較

NI-FS540とNI-FS340、両機種のスペック・機能などの比較を一覧表にしてみた。

 

品番NI-FS540NI-FS340
消費電力950W950W
本体 寸法約 幅7×高さ15×長さ15cm約 幅7×高さ14.5×長さ15cm
本体 重量約705g約665g
電源コードの長さ約2.5m約2.5m

上記の一覧表から見てわかるように、本体の大きさはほぼ変わらない。

重量は約40g違う。40gは実際に持ってみても、さほど変わりはなかった。

100gと140gならば、40gの差はわかりやすい。

しかし、下記の一覧表にもあるように注水量がどちらも約50ml

したがって、本体重量と合わせれば、755gと715gなるので、40gの差はあまり感じないだろう。

 

電源コードの長さは約2.5mとどちらの機種も同じ。

2.5mメートルは結構長いので、コンセントからの距離もなんとかなるし、自由に動かせそうだ。

個人的には、コードレスだったらいいが、バッテリー内臓になってしまうのでコンパクトにならない

 

品番NI-FS540NI-FS340
ピッタリの衣類しっかりきめたい
ビジネスウェア

・スーツ ・シャツ ・パンツの折り目つけ ・ハンカチ など
プレスできない
立体的な洋服

・フリルなどの立体仕上げ
・プリーツなどの細かい部分
アイロン面の形状プレスもできる、
フラットアイロン面
衣類にフィットしやすい、
ラウンドアイロン面
スチーム穴の数6穴5穴
スチーム3倍パワフルスチーム
連続
パワフル&ワイドスチーム
360°スチーム
連続
パワフルスチーム
アイロン面 温度中温(約160℃)中温(約160℃)

上記の表から分かるが、NI-FS340はやはり廉価版である。

NI-FS340はプレスができない丸みを帯びたアイロン面。

 

女性がフリルやプリーツがついた洋服専用のために、2台目のアイロンとして購入するかも?

いや、すでに高機能なコードレスアイロンを持っていたらなら必要ないか。

いやいや、出張や旅行の持っていける。

NI-FS540のスチームがパワフルで効果的

そして、NI-FS540は、3倍パワフルスチーム搭載で、プレスアイロンもできる。

3倍パワフルスチームとは、瞬間的にパワフルスチームの約3倍のスチームが約3秒間噴射される。

その3倍パワフルスチームによって、さらに強力に脱臭できるようだ。

残念ながら、NI-FS340には、3倍パワフルスチームは搭載れていない。

 

品番NI-FS540NI-FS340
立ち上がり時間約24秒約30秒
スチーム噴出し時間連続約4分連続約4分
スチーム量平均約11g/分平均約11g/分
注水量約50ml約50ml
自動ヒーターオフ ありなし
その他効果 脱臭・除菌・アレル物質対策脱臭・除菌・アレル物質対策

立ち上がり時間は、6秒の差。6秒って誤差の範囲と思えてしますが、24秒と30秒かぁ。

なにかと忙しい朝なら、その6秒を待つのもイライラするだろうな。

 

そして、スチーム噴出時間、スチーム量、そして、注水量はどちらも同じ。

 

しかし、NI-FS540には自動ヒーターオフ機能がある。

自動ヒーターオフとは、電源を切り忘れても安心の、自動でヒーターがオフになる!

 

どちらも脱臭・除菌ができるが嬉しい。

汗、飲み屋でのタバコ、焼肉屋などでの飲食した後、加齢臭や防虫剤の臭いが完全ではないにせよ、それらの不快な臭いを脱することができるのだ。

 

このように一覧表で見てみると、、

衣類をハンガーにかけたまま、スチームでサクッと短時間でシワを取ることだけが目的なら、NI-FS340で充分に衣類スチームの効果は得られる。

NI-FS340は廉価版といえども、使用用途によっては、事足りるであろう。

 

大は小を兼ねるのなら、NI-FS540である。

プレスアイロンもできるし、強力脱臭が可能になった3倍パワフルスチームも魅力的である。

 

→【NI-FS540】の最安値を楽天で見てみる!

→【NI-FS340】の最安値を楽天で見てみる!

 

衣類スチーマー口コミ

様々な口コミを要約してみた。

 

好評価な口コミ

起動が早い

NI-FS540は、電源を入れてから24秒で使える。NI-FS340でも30秒。

同じパナソニックのコードレスアイロンは、100秒だもんな。

やはり、パッと出してサクッと使える手軽さがとても好評のようだ。

シワがとれる

そりゃそうだろう、アイロンなのだから。

思ったよりも、シワが良く取れるといった口コミが多かった。

もちろん、消費電力の多いスチームアイロンでプレスする完全なシワを取りは難しいが、手軽にここまでシワが取れれば文句なしのレベル

コンパクトで軽い

やはり、ハンガーにかけたままで片でスチームするのだから、軽いに越したことはない。

NI-FS540は水を入れても約755g
ちなみにスチームアイロンのように1kg以上だ。

コンパクトで軽いので持ち運びやすいので、出張はもちろん、旅行にも気軽の持っていけそうだ。

水漏れしない

水漏れするスチームアイロンがあるのか?と思うところだが、こういったスチームアイロンは蓋の仕方や取り扱いを間違えると水漏れすることがある。

このパナソニックの衣類スチーマーはそのような水漏れの心配はないようだ。もちろん、間違った使用方法をしないかぎりは。

消臭効果がいい

スチームにより汗、タバコ、飲食した後などの、不快でイヤな臭いを除去する効果があるのが好評のようだ。

あらためて、消臭スプレーなどをかけるより経済的。

アイロン面が小さく小回りが利く

NI-FS540は衣類スチーマ―だが、アイロン面がフラット仕様なので、アイロン機能も備えているのがNI-FS540の特長だ。

元々、本体自体がコンパクトサイズなので、アイロン面も小さくなるのは必然的だ。

このアイロン面が小さく小回りが効くおかげで、ワイシャツなど襟や袖など細かいところをプレスアイロンするのに効果的なのだ。

 

低評価な口コミ

やはり、モノには一長一短がある。

高評価だと感じた面も、使用する人によっては・・・

水がすぐ無くなる

これは本体をコンパクト設計にした影響でタンクが小さい。

2機種とも約50mlで4分間スチームを噴射するが、正直なところ4〜5着の衣類のシワ取りをするには、水を追い足しする必要がある。

 

やはり衣類スチーマーは、その日に仕事で着用したスーツやシャツ、

また、出かける前に着ていく衣類の簡単なシワ取りを目的に企画されたアイテムなのだ。

 

したがって、約50mlで4分間スチームを噴射するだけで充分

本体をコンパクト設計にした影響でタンクが小さいことは弊害ではない。

 

複数の衣類のシワをガッツリとるには、通常のスチームアイロンに登場してもうしかないだろう。

コンパクトだが片手で扱うには重い

NI-FS540は約705g

週間の少年漫画雑誌の重量とほぼ同じだが、これを片手で持って重いか軽いか感じるのは人それぞれだろう。

 

私は、重いと感じなかった。それは、通常のアイロンの重さを知っているからかもな。

シワが伸びない、取れない

どの程度まで、この衣類スチーマーでシワを取ろうと思っているかによるだろう。

この衣類スチーマー2機種は、通常のスチームアイロンのように高温かつ強力なスチームで、

完全にシワを伸ばして取ることは想定していないの機種なのだ。

 

私からいえば、シワが伸びない、取れないと感じている人は、選ぶ道具を間違っていると言える。

やはり、完璧にシワを取ってしまうには、通常のアイロンの購入した方がいいだろう。

 

→【NI-FS540】の最安値を楽天で見てみる!

→【NI-FS340】の最安値を楽天で見てみる!

 

衣類スチーマーをどう使うかで決まる – まとめ –

好評価な口コミは、この程度のアイテムなんだからこれくらいかな?でも、予想を裏切る性能だという感じる感想が多いと思った。

反対に低評価な口コミは、全てを求めすぎているのではないか?と思ってしまう。

 

まぁ、大多数の人はコンパクトで軽くて使いやすいし、シワも取れると感じているようだ。

 

さて、パナソニックの衣類スチーマーは2機種あるが、NI-FS540とNI-FS340どちらを選ぶか?

 

ちなみに、色はNI-FS540の場合、ピンクゴールド調とダークブルーの2色から選択できる。

NI-FS340はピンクブラック1色

どちらも衣類をハンガーにかけたままサクッと短時間でシワを取ることができる。

 

NI-FS540はそれに加えてスチーム性能やプレスアイロンが可能などNI-FS340にないものがある。

パワフルなスチーム性能やプレスアイロンが不要ならNI-FS340で充分でもある。

 

でも、私は大は小を兼ねるのが好きなので、NI-FS540を選んだ。

 

→【NI-FS540】の最安値を楽天で見てみる!

→【NI-FS340】の最安値を楽天で見てみる!

 

家電
calmhobbyをフォローする
CALM HOBBY カルム・ホビー

コメント

タイトルとURLをコピーしました